ヘルシーにアレンジ

ヘルシーにアレンジのイメージ画像です

「パンケーキ」=「スイーツ」というイメージを抱く人は多いでしょう。しかし、今話題の専門店では、さまざまな食事系メニューも提供されており、食事としてパンケーキを食べる人も少なくないのです。もちろん、これは家で作って食べる時も同様です。パンケーキは、スイーツとしてだけでなく、食事として楽しんだり、お弁当として持って行ったりすることもできるのです。ぜひ、家庭でも色々な場面でパンケーキを楽しんでみましょう。また、パンケーキの作り方や材料はシンプルですし、トッピングも自由です。自分の好きなものを好きなだけ入れたり、その日の気分やお腹の調子にあわせて作ったりするのもいいでしょう。意外な組み合わせがおいしかった、なんて話も珍しくないものです。

近頃、若い女性から人気を集めているのが、「ヘルシーさ」にこだわったパンケーキです。生地にヨーグルトを混ぜたり、流行りのナッツのハチミツ漬けなどを混ぜたりすれば、おいしい上に身体に良い、栄養豊富なパンケーキが作れます。それに、フレッシュな野菜やフルーツを合わせれば、食物繊維をはじめ、生酵素、ビタミン類も摂ることができるのですから、とてもヘルシーなセットメニューになるでしょう。「健康のために、ナッツ類を摂りましょう」などとよくテレビや雑誌で言われますが、その理由は、人の身体にとってとても大切な栄養素、ミネラルや鉄分、亜鉛などを多く含んでいるからです。ナッツは女性ホルモンのバランスを整えてくれる効果もあるので、腹持ちのいいパンケーキと、ナッツ類を一緒に摂るのは栄養面、美容面から見てもとてもお勧めなのです。ナッツ類だけでなく、刻んだドライフルーツをハチミツに一緒に漬けておけば、濃厚な甘さと香りで満足感もアップ間違い無しです。そこにクリームチーズなどの乳製品を合わせれば、コクと栄養もプラスですから、ナッツ類共々ストックしておくことをお勧めします。

もちろん、他のヘルシー素材と合わせて、自分だけのオリジナルアレンジレシピを作るのもいいでしょう。「朝からパンケーキを焼くなんて面倒!」という意見もあるかもしれませんが、焼いたものを保存用のパックに入れて冷凍しておくこともできます。間に好きな具を挟んで、お弁当として持って行くのもお勧めです。口当たりが軽く、多少体調の悪い時でも食べやすいパンケーキをストックしてくことは、ストレスなどで体調を左右されやすい女性にとって大きなメリットになります。手軽にアレンジのできる食材などと一緒にストックしておくと便利ですよ!