様々な料理と楽しんでみよう

様々な料理と楽しんでみようのイメージ画像です

スイーツブームの渦中で、全国各地で相変わらず行列の絶えない人気のパンケーキ専門店ですが、近隣に店舗がなくて、なかなか足を運ぶことができないという人も少なくないでしょう。ふわふわの分厚いパンケーキに憧れながらも、手が届かないとなると寂しいものです。そんな時は自分で作ってみるのはいかがでしょうか?

「素人がお店みたいにふわふわ分厚いパンケーキを焼けるの?」と困惑されるかもしれませんが、今時はスマホやPCで検索すればレシピ紹介サイトがたくさん出てきます。自分でパンケーキを上手に焼きあげるコツも様々紹介されているので、ぜひそれらを参考にしてみてください。もちろん、材料も市販のミックス粉など、手軽に手に入るものでOKです。お手製パンケーキの焼き立ての美味しさは、専門店に引けをとらないでしょう。

パンケーキ=甘いもの、そんなイメージを持っている人も多いかもしれませんが、海外では元々食事のメニューとして食べられていたものです。なので、好きな料理と合わせてみるのもいいでしょう。例えば、茄子の味噌炒め、鶏肉の照り焼き、きんぴらゴボウといった和風のおかずとも意外と相性がいいのです。生地自体は小麦粉の香ばしさを感じる程度で甘くもないですし、パンの代わりだと思えば味の濃いものとの相性は悪くないと言えるでしょう。もちろん、和風のメニューだけでなく、中華にも洋風の料理、チーズや野菜などとも相性抜群です。「どのおかずと相性がいいかな?」「こんな味付けも美味しいかもしれない!」と、どんどん自分だけのアレンジメニューを試してみましょう。また、パンケーキはスープ類との相性もぴったりです。コーンスープやシチューなどと一緒に食べるのもお勧めです。

パンケーキは、アレンジしやすく、腹持ちもいいので、間になにかを挟んでサンドイッチのようにお弁当にもできます。多めに作ったものを冷凍しておけば、時間のない朝にフルーツなどと一緒に手軽に食べられます。「パンケーキは甘いおやつ」というイメージを持っている人も多いでしょうが、パン代わりに様々なシーンに食べられる、どんなおかずとも楽しむことができる万能メニューなのです。あなたの気分次第で、どんなアレンジも可能ですし、和風・洋風・中華、エスニックなど、どんな味や料理とも合うのです。スイーツとしてのパンケーキしか食べたことがない人は、一度ぜひ食事として試してみてはいかがでしょうか。